コンセプト

 

 

コーヒーを飲んだその先に。

 

 

 

コンビニのコーヒーも、

喫茶店のコーヒーも、

缶コーヒーも、

サードウェーブのスペシャルティコーヒーも、

それぞれに作り手の思いがあって、

それぞれに良さがありますよね。

 

 

 

飲んだ人が美味しいと思えたなら、

それってハッピーです。

 

 

 

 

インスタントコーヒーが苦くて酸っぱくて、

美味しいと思えなくても、

そこから生まれる会話とか思い出を楽しめたら、

それもハッピーだと思います。

 

美味しいに越したことはないですけどね(笑)

 

 

 

 

 

品質やこだわりを追及するのはもちろん大切です。

 

 

 

 

 

けれど、コーヒーを飲んだ先の

「誰かとの思い出」

「新しい出会い」

「社会にとっていいこと」

そこをイメージして美味しいコーヒーを

つくっていきたいと思っています。

 

 

 

 

  

 

三輪自転車のコーヒー屋は、

日本では少し異質な仕事だと思います。

ワクワクすることや、好きなことを

仕事にして誰かのためになれたら、

それってみんなが幸せじゃないかな?

と思いこの生き方を選びました。

 

 

 

  

小さな小さな自転車のコーヒー屋が

どこまで面白いことができるか、

私たちの挑戦でもあります。

 

 

 

 

自分のワクワクに正直に!

 

 

 

 

COFFEE POSTを

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

COFFEE POST

代表 川島崇嘉   副代表 関原洋文